2013年09月30日

関西

昨日、淡路島から帰ってきました。
 
センチュリー交響楽団の洲本公演
 
 
指揮は、来年度から首席指揮者に就任する、飯森範親氏でメインはチャイコフスキーのシンフォニー4番。
 
 
この日は、淡路島の音楽発展の為に尽力された方を偲んでの演奏会で、バッハのアリアの演奏の前に飯森氏がお話を。
 
色々な思い出に感極まり言葉に詰まり…
その後、目を赤くしながら心を込めた指揮は、熱い想いを感じた素晴らしい演奏でした!
 
 
なんか、
『人間味があって良いやつだな〜』と思ってしまいました。。
 
また、音楽とは本当に《生き物》で、魂に語りかけてくれるものだな…と感じました(上手く言えませんが)
 
 
彼と私は、なんと同郷!
葉山の出身です。
 
若い頃は知り合いではなかったのですが、obをやっている弟さんが昔遊びに来たこともありました。
 
 
彼は、山形交響楽団でもやっていたように、センチュリーにも新風を吹き込んでくれるでしょう!
 
 
 
一昨日は、リハーサルの後、神戸のピアジュリアンへ!
ピアジュリアンは、昨年CD発売記念リサイタルで弾かせて頂いた所。
 
大好きな近藤社長にご挨拶して、
 
美女達の『ます』を聴いて、
 
 
楽しかった
 
 
 
posted by オサム at 15:54| Comment(0) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

定期終了

ち〜ち〜ん、ぷいぷい…
とシュワちゃんが歌っていたコマーシャルは、皆様もうお忘れですか?
 
そんなメロディーの、ショスタコーヴィッチ、シンフォニー7番「レニングラード」
昨日の定期のメインでした
 
壮大な曲で、超盛り上がりました!
(ちなみに昨日はショスタコの誕生日だったそうです)
 
指揮者のカエターニ氏、鋭く切れのある棒…とは、あまり言えないのですが、独特の魅力でオケを上手に引っ張ります。
 
驚いたのは暗譜!
毎小節変わる拍子が全て頭に入っていて、本番譜面を見ずに指揮しました!
いや〜大したもんです
 
 
前プロは芥川也寸志のチェロコンチェルト
 
古川展生さん、ブラボー〜でした!
 
今年の夏、山中湖に遊びに来てくれて、酔っ払って卓球やって遊んだ人…とは思えない舞台上での格好良さ!
さすがですね
 
 
長いレニングラードを終えヘロヘロで帰って来ましたが、カープのCS進出決定を知り元気百倍
祝杯
 
富士山登録、オリンピック決定、CS進出決定(?)、おめでたい事が続きますね
 
 
週末はまた大阪、そして淡路島です
posted by オサム at 10:17| Comment(0) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

ホッとしました。

ふ〜
良かった
 
 
今は、東京へ向かう新幹線の中。。
センチュリーの本番が終わり、やっと一段落……
 
 
 
実は…
台風が直撃の月曜日、都響は帯広で本番でした
 
その日中に家に帰り、火曜日早めの新幹線に乗らないとセンチュリーのリハーサルに間に合いません
 
もちろん、札幌まで移動して直接大阪へ…も、考えましたが、万が一当日飛行機が飛ばなくて遅れたら言い訳はできません!
やっぱり東京に帰り、朝早くまた出よう…と思ったのがあだ(?)だったかな〜と思ったほどの強力な台風…
 
当然、札幌から大阪行きの便も満席!
「飛ばなかったらどうしよう…」と心配しましたが、なんとか80分遅れで羽田に着き、ギリギリ日が変わらない時間に帰宅…
 
 
翌朝早く出発したら、京浜東北が人身事故で山手線むちゃ混みで、新幹線東京発の時間、ギリギリでした
 
 
さて
 
記憶をさかのぼり…
 
サイトウキネンのジャズ、大西順子さん、本当に上手くて可愛げがあって、最高でした
お客様も総立ち
楽しかったです
 
今朝のNHKニュースで、『小澤さんのお元気な姿が出て、修さんも映っていたよ』と何人かに連絡頂きました。
え〜、見たかったな〜
 
 
12日から盛岡、札幌、帯広と続きました!
 
前も書きましたが、ヴァイオリンの三浦文彰さん、本当に素晴らしかった
 
若干二十歳にして、あの大人の演奏…感激しました
 
コバケン先生の熱いブラームスの四番、も盛り上がりましたね
 
台風の中、お客様ありがとうございました!
 
 
 
いや〜
なんだか色々…
 
ホッとしました
 
 
 
posted by オサム at 17:45| Comment(0) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする