2014年01月10日

秋山氏定期&スケジュール

寒いですね…
 
 
風邪は、生姜とニンニクとネギで治しました!
 
 
今日は秋山氏の指揮でサントリー定期です
 
 
氏の、的確で無駄の無いリハーサルはさすがです
 
一曲目は、チェルハの弦楽器のみの作品《鏡》
 
 
なんと、弦楽器のプルトがほぼ逆さまで、2ndの6プルトの直美さん(芸大時代の同級生)が、コンマスの場所に座ります!
 
矢部さんは一番後ろ。
 
55人がそれぞれ独立した動きをします。
 
1曲目だから、お客様驚くだろうな〜
 
 
 
2曲目の原田敬子さんは、アンサンブルノマドで昔からの知り合いで、久しぶりにご挨拶
 
ノマド、最近全然乗れなくてすみません
 
 
 
3曲目の池辺さんの《シンプレックス》は1990年に都響が委嘱した作品。
 
 
三楽章が8分の11拍子なのがとても印象に残っていて、大野氏が暗譜で振ったのも良く覚えています!
 
 
リハーサルの前、矢部さんが『修ちゃん、前回にやった時に弾いた人、何人いるだろう…10人くらいかな?』と言ってきました。
 
 
そうですね。
 
 
この半世紀で、都響メンバーもかなり代わってしまった。。
 
でも、素晴らしい伝統を受け継ぎながら、新しい時代に向け邁進している都響は本当に素晴らしいです
 
 
 
今後の予定ですが…
 
 
来週、リハーサルの後また古川さんとデュオがあったり、今月は、14日の芸劇も、23日の上野定期も乗っています
 
その他、1/19の鎌倉ゾリステンのコンサートにも参加させて頂きます。
 
徳永先生と久しぶりにご一緒できるのを、楽しみにしています
 
 
2月も3月も、ほぼ都響に乗っています。
 
オペラ《ドンカルロ》 楽しみです!
 
 
そうそう…
 
今年はバタバタしていて、学生のお弟子さんには年賀状失礼しました!
 
ごめんなさい&ありがとうございました!
 
皆さん、今年も元気に頑張りましょう!
 
posted by オサム at 11:33| Comment(0) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

新春

皆様、明けましておめでとうございます!
 
 
昨年も色々応援して頂き、ありがとうございました!
 
ブログ、忘れたころに更新していきますので、本年もよろしくお願い致します!
 
 
 
 
昨年12月のインバル月間は、いつもに増して厳しいものでした
 
 
それにしても、バルトークのVnコンチェルトを弾いた庄司紗矢香さんは、本当に素晴らしかったです
 
 
いつもながら、『あの小さな体のどこにあんなパワーがあるのだろう…』と感心させられます。
 
 
また、バルトークの『青ひげ公の城』のメゾソプラノ、コムロシさんもすごかった
 
そして『第九』。
盛り上がりました
 
 
そんなインバル月間のリハーサルの後、Vcの古川展生さんとデュオのサロンコンサートがありました
 
 
厳しいスケジュールでしたが、とても楽しく演奏後のワイン&料理&会話、で沢山の元気を頂きました
 
デュオやソロは、オケと違った楽しさがあり、疲れが取れますね!
 
 
 
年が明けて…
 
 
今年は珍しく、1/3の都響新春コンサートに乗り、りチャイコフスキーの5番で熱演
 
終わってすぐに関西まで移動
(渋滞で8時間かかりましたでも、新幹線の火事には巻き込まれなくて良かった)
 
1/4は、毎年恒例のヴィルトーゾ公演で兵庫にてブラームスの1番で熱演
 
 
さすがに今日は、疲れと風邪でヘロヘロでしゅ
 
 
明日東京に戻り、明後日から都響のリハーサル、頑張ります!
 
 
 
今年もよろしくお願い致します!
 
 
posted by オサム at 12:44| Comment(1) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。