2015年02月26日

元気

おひさしぶりです! かなりの時間が経ちました。   
『私は元気です!』    と言いたいのですが、、、


2月16〜22までは、兵庫のPACにお世話になってました。
下野氏の指揮でドヴォルザークのシンフォニー7番!昨年、下野氏が都響でもやっていて、今回も熱演でした!
ソリストのシン、ヒョンスさんは、素晴らしく官能的なプロコフィエフのコンチェルト2番を聴かせてくれました。

金土日曜と3回本番があって、毎日少しづつ『あれ?』というあの嫌な感じが。
『まあ、いつものことだからそのうち、、』の願いは虚しく<爆弾>は静かに目を覚まし始めました!

<爆弾>
子供の頃から、右足首を捻挫する癖があり、その度に足の甲が大きく腫れ上がり、痛みで片足を引きずります。
その後も1年に一回くらいは大きく腫らしてしまうのですが、大体、4〜5日冷やせば治ってきます。
最近はこれはまずいと、挫かないようにいつも気をつけていますが、一生付き合って行かなければいけない恐怖の爆弾です。


今回、特に捻挫した記憶は無く、いつもと違う町並みをちょっと多く歩いたくらいでした。
なのに本番の度に、踏ん張る右足首が悲鳴をあげていき、日曜日は本番以外、常にアイシングをする状態。
それでも一向に良くならず、甲から内側のくるぶしに迄腫れは広がり、足全体がパンパンです。
『どうしたんだろう、今までとは全然違う』(起爆装置のスイッチが、、、、)
本番後、人があまりいなくなったのを見計らって足を引きずりホテルへ!
痛みと熱で夜も眠れず空港へ。翌日、到着の羽田空港から出口までの長さが辛かった!
(車椅子を使うべきだった)
倒れるように家に帰って氷水で冷やし、翌日這うようにして医者へ。
やはり、慢性的な挫きによる重度の関節炎で一週間安静!骨には異常無し。
松葉杖を借り帰宅し、都響事務所へ連絡、2/28、3/1の本番をお休みさせて頂きました。

思い返せば、もう何十年も都響はお休みしてないな。。。
大風邪ひいたときも、ヒョウソウで親指爪を剥がす手術(これも右足)をした日も(ゲルーギーエフ氏「春の祭典」本番)、昨年12月リハーサル前に階段たら転げ落ちたときも(大野氏弦チェレ)、、、
絶対に都響は休まない!!の精神でやってきましたが、悔しいけれど今回は無理でした。
足の裏が痛くて地面に着けられないのです、トイレに行くにも松葉杖。本当に情けない。

今回のプログラムはヴィバルディの「四季」があるので(バス1本)何としても弾かなきゃ!と思いましたが、
やせ我慢や、根性だけではどうにもならないし、無理してもっと人様にご迷惑をかけてはいけないと思い、柴田さんに首席代行をお願いしました。

関係者の皆様には大変ご迷惑おかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしく御願いいたします!
久しぶりのブログがお詫びと病状の説明になってしまい、すみません。


幸い、今は痛みのピークは少し去ったように感じます。
今回、唯一良かった(?)のは、痛みでお酒が飲めないこと!たまには禁酒ですね。

来週のインバル氏シューマンは必ず復帰しますし、小泉氏定期、井上氏旅行も出演します。
3/15にはモーツアルトプレイヤーズで鈴木秀美氏の本番もあります(ハイドン告別やります)
4月からは大野氏と共に新しい時代へ!そして都響50周年の今年秋、ヨーロッパ旅行もあります。

まだまだ頑張りますので、これからもよろしくお願いいいたします!
(そうそう、私も今年は都響30周年です)

元気になったらまた報告します!



山本修



posted by オサム at 15:42| Comment(1) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにブログ開くと、何と!
兵庫へ来られて♪痛い痛いになってらしゃったのですか?
も~ 全然知らなかった!知る由もなかったですが。強靭そうにお見受けするコントラバス首席奏者なのに。
今度そんな事になった時は、是非連絡下さい。お役にたてるかもしれません。お世話やき体質の大阪のオバサンです。
4月の大阪講演には、いらっしゃると嬉しいです。どうかお大事に!
Posted by 大阪の都響ファン at 2015年03月07日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。