2014年01月05日

新春

皆様、明けましておめでとうございます!
 
 
昨年も色々応援して頂き、ありがとうございました!
 
ブログ、忘れたころに更新していきますので、本年もよろしくお願い致します!
 
 
 
 
昨年12月のインバル月間は、いつもに増して厳しいものでした
 
 
それにしても、バルトークのVnコンチェルトを弾いた庄司紗矢香さんは、本当に素晴らしかったです
 
 
いつもながら、『あの小さな体のどこにあんなパワーがあるのだろう…』と感心させられます。
 
 
また、バルトークの『青ひげ公の城』のメゾソプラノ、コムロシさんもすごかった
 
そして『第九』。
盛り上がりました
 
 
そんなインバル月間のリハーサルの後、Vcの古川展生さんとデュオのサロンコンサートがありました
 
 
厳しいスケジュールでしたが、とても楽しく演奏後のワイン&料理&会話、で沢山の元気を頂きました
 
デュオやソロは、オケと違った楽しさがあり、疲れが取れますね!
 
 
 
年が明けて…
 
 
今年は珍しく、1/3の都響新春コンサートに乗り、りチャイコフスキーの5番で熱演
 
終わってすぐに関西まで移動
(渋滞で8時間かかりましたでも、新幹線の火事には巻き込まれなくて良かった)
 
1/4は、毎年恒例のヴィルトーゾ公演で兵庫にてブラームスの1番で熱演
 
 
さすがに今日は、疲れと風邪でヘロヘロでしゅ
 
 
明日東京に戻り、明後日から都響のリハーサル、頑張ります!
 
 
 
今年もよろしくお願い致します!
 
 
posted by オサム at 12:44| Comment(1) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

お久しぶりです

ご無沙汰です…
 
 
11月の予定も書かないまま。。。
 
11月も、インバルでマーラー7番8番、フルシャの定期でスーク、そしてコボスの定期でショスタコ…色々弾きました
 
 
1つ1つが重量級の演奏会
 
ブログに感想を書く間もなく、次の演奏会に追われます
 
12月に入り、ちょっとホッと。。
 
 
でも、中盤からはまたインバルでバルトークの青髭公の城&Vnコンチェルトがあります。
これは東日本大震災の影響で中止になった演奏会の曲目。
 
楽しみです!
 
もちろん、インバル=第九も乗っています。
 
 
 
 
さて…
 
 
 
一昨日はセンチュリー響の仕事で大阪に
 
そして昨日、大阪からレンタカーで奈良県天理へ…
 
 
小さい時から仲良く、兄のように慕っていた従兄弟が先週亡くなりました
 
65才…なんとも早すぎる死です。
 
私と一緒の誕生日で、65になるのを待ってたかのように…
 
仕事のため、通夜葬式に参列できず、、昨日ご自宅へ。
 
なんだか…
 
 
本当に色々考えさせられます。
 
私は、なんとか毎日元気に仕事をし、誕生日もたくさんのお弟子さん達にお祝いをしてもらいました。
 
 
病と戦いながら、同じ誕生日を迎えた彼の気持ちはどんなのだっただろう…
 
そして、自分が生きているのは何なのだろう…
 
(もちろん彼とは年齢が違うので比べる事はできないのですが…)
 
 
結局、人は生きているのでなく、何かに生かされているのだと痛切に感じます!
 
 
体は、自分の思い通りになるようで、決してならない!
生かされている今この瞬間に、感謝せずにはいられません。
 
季節柄、喪中のお葉書を沢山頂きますが、80を過ぎてもとても元気な両親にも大感謝!!
 
 
感謝して生き、与えられた自分の道を精進し続けて行くしかない…と強く感じます。
 
正直、楽器を弾くこと、ソロを弾き続けることは辛い時もあるけれど、神様が『まだまだ元気な内は頑張れ!』言っているようです。
今月も来月も、ちょっとソロを弾かせて頂くことに感謝!
 
 
別に、格好をつけているのではなく…
 
若い時はあまり感じなかった《何か》
 
 
 
昔は麻雀をよくやって、よく負けました。。
 
『当たり前だな、未熟児&逆子&日数足らずで生まれたおれが、今生きているだけで、大博打に勝ってるようなものだから…』
 
そう思えるようになったのも、年かしら
 
 
 
従兄弟宅からの帰り道、私が生まれる前に亡くなった祖母のお墓に寄り…
「おかげ様で元気です」
と感謝の報告。
 
 
 
 
今日のリハーサルは、明日アプリコでの、梅田さんの第九
 
 
 
『梅ちゃ〜ん、テンポ速くて指回らないよ〜』
 
と、文句言わずに、感謝して頑張ります!
 
 
 
毎朝の、トイレ掃除と血圧の薬も、ちゃんと続けてます。はい。
 
 
 
皆様、ありがとうございます
posted by オサム at 21:36| Comment(1) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

小曽根真さん

先週の土曜、日曜日、小曽根真さんと都響の演奏会がありました
 
 
上野の文化会館が売り切れ、満席!
その訳が良くわかりました。。
 
 
恐るべし男、小曽根真!
 
ジャズの世界ではとても有名で、ノリの良さ、耳のよさ、即興の素晴らしさ、もちろん卓越したテクニック等々…で抜群の人気を持つピアニスト!
 
 
この日弾いた、ラフマニノフの『パガニーニの主題によるラプソディ』はクラシック的に相当難しい曲なのに、完璧なテクニックと音楽性を見せてくれます!
 
 
雰囲気やノリだけではない深さを感じました。
 
気さくな人柄ながら、実はとても真面目な人ではないのかな…
 
 
何より、《演奏するのが楽しくてはしょうがない…》と言う姿が本当に格好いい
 
 
素晴らしかったです
 
素晴らしいと言えば…
 
 
 
楽天の田中将大投手、素晴らしい完投でしたね!
 
迫力を感じました
 
 
うちのオーケストラにも
タナカマサヒロさん、います
 
 
とても信頼できる仲間です!
 
 
明日からインバル
 
 
ウチのマーちゃんと低弦頑張ります
 
 
 
posted by オサム at 08:45| Comment(0) | コンバスブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする